タオバオライブコーマス、AIインフルエンサーは人間並みの好業績取得

近年、各業界において、人工知能の応用がますます広がっている中、ライブコーマスの分野でも、バーチャルのAIインフルエンサーが人間の代わりに活用され始めた。ビッグセールイベント「ダブル11」の直前に、AIインフルエンサーはがタオバオライブコマースに登場され、人間インフルエンサーの代わりに勤務を始めた。

ダブル11にあたり、フィリップス、ロクシタン、ロレアルなどの国際ブランド店舗はAIインフルエンサーをライブコーマスに導入した。フィリップスは傘下の6店舗にAIインフルエンサーを導入し、人間と交代しながら、24時間ライブコーマスを実施することで、営業時間と販売時間を延長し、売上向上につながった。このAIインフルエンサーは元気満々の姿をしていて、音声、情緒、動作が人間に似ていて、聴解と会話だけではなく、視聴者からのご質問になめらかに回答できる。それに、ダンス、Rap及び各種の複雑な動きも可能である。フィリップスTmall店舗責任者の向静氏のお話しによると、「AIインフルエンサーを導入してから、ライブコマースへの視聴者人数はどんどん増えてきて、一番高い時点では、8万人にも視聴して頂いた。一部の重要指標からみて、AIインフルエンサーは人間とほぼ差がないほどの素晴らしい実績と獲得した」という。

食品ブランド「三只松鼠」店舗では、人間インフルエンサーが休憩する際に、かわいいガールズのAIインフルエンサーが登場し、視聴者に商品を紹介している。600種類以上の商品をそれぞれの特徴、食感、優遇政策などうまく紹介できている。「三只松鼠」ライブコーマス担当者の劉書財氏のお話によると、「11月1日から3日まで、Tmallのライブコーマスでは、このAIインフルエンサーは800万元の売上高も実現し、人間並みの好業績だ」という。

従来のバーチャルキャラクターとは違って、AIインフルエンサーにはアリババ系の達摩院の趙昆氏によると、AIインフルエンサーには視覚、音声、自然語言処理などの技術が融合され、表情と動き及び案内内容などは実際の状況によって対応していく。それに、ライブでは、数千万人の視聴者と即時にインタラクティブでき、チャットも可能だし、商品に関する質疑応答も可能である。 Eコーマス業者のお話によると、ライブコーマスは普及されている中、本物の人間のインフルエンサーの人件費が高くて、稼働時間に制限あり、認知力を備えるバーチャルアナウンサーが人間の代わりに最適な選びと考えられている。