【日中経営トップ対談】Withコロナ時代に加速するスマートシティへの移行(第二弾)

【経営トップ対談】
コニカミノルタ松﨑 正年氏 × ZKTeco何 勲鵬氏
Withコロナ時代に加速するスマートシティへの移行
~第二弾 スマートシティを利用して、急拡大した成功例~

中国ZKTeco社は顔認証や静脈認証等の生体認証デバイスを提供する会社としてスタートしましたが、自身がスマートキャンパス(スマートシティのミニ版)のプラットフォーマーとなることで、急成長を遂げています。今回は、デバイスや機器を製造販売する事業構造から、それらを含み色々なIoT製品やネットとつながる新たな価値創造に事業転換しているその裏側を探り、成功のヒントを得ることを目的に対談を企画しました。

中国でスマートキャンパス事業を手掛けているZKTeco 何 勲鵬(カ クンホウ)氏と、聞き手としてコニカミノルタ取締役会議長 松﨑 正年 氏にお願いして対談を実現し、その背景を探りたいと思います。

ZKTeco社は病院、学校、新幹線、鉄道、ホテルと幅広い業態を対象に、ICT技術活用によるスマート化を実現しており、中国のスマートシティ情報に精通している企業です。

この貴重な機会を是非ご活用ください。

【前回のイベントレポートはこちら
https://jma-garage.com/column/smartcity200709/

 

OUTLINE

日時

2020年10月13日(火)11:00~12:30

方法

オンライン(Zoom)にて講演動画を配信いたします。

対象

  • 中国・スマートシティ最新情報を知りたい方
  • 中国・スマートシティの日本への影響について知りたい方
  • スマートシティビジネスに関心のある方

定員

100名

費用

3,300円(税込)

※動画視聴方法は、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。

 

SCHEDULE

【対談内容】

  • 中国スマートシティ・スマートキャンパス事情
  • 中国のスマートシティ・スマートキャンパス成功事例とは
  • どのようにスマートシティ・スマートキャンパスを作りあげるのか

【Q&A】
参加者から寄せられた質問に回答いたします。

 

登壇者PROFILE

松﨑 正年
コニカミノルタ 取締役会議長

【略 歴】

1976年小西六写真工業株式会社(のちのコニカ株式会社)に入社。コーポレート研究開発部門、技術企画部門を経て、主に情報機器(プリンター、デジタル複合機)の製品開発、商品企画に携わる。
コニカとミノルタの経営統合以降は、情報機器事業の制御開発本部長を経て、2005年執行役、2006年取締役兼務常務執行役として技術戦略担当を歴任後、2009年に代表執行役社長に就任。2014年より取締役会議長に就任し、現在に至る。

社外では、東証一部上場企業の社外取締役、大手監査法人の監督委員、一般社団法人 日本取締役協会理事・副会長などを務める。 著書に「傍流⾰命:小が大と戦うビジネスアスリート経営」(2015年 東洋経済新報社)。
企業経営、技術経営、リーダーシップ、コーポレートガバナンスに関する外部講演多数。

 

何 勲鵬
ZKTeco

【略 歴】

2010年にZKTecoに入社し、現在に至る。技術開発、国際プロダクトマネージャ、ZKTecoグローバルプロダクトサービス部マネージャを歴任し、複数の大規模製品プロジェクトの開発及びカスタマイズシステムの企画管理を担当している。

【会社概要】
ZKTeco社は、生体認証技術をコア技術にしたスマートキャンパス領域でのサービス提供企業。グローバルでは3500人の従業員を抱え、そのうち開発者は1000人近く、外国人の社員は600人近い数字となります。ZKTecoは中国大陸において、45の支社・子会社を保有してるほか、香港、マカオ、台湾及び海外にて、50の拠点も保有しています(2020年6月30日時点)。ZKTecoはアメリカのシリコンバレー、ヨーロッパ、インド、東莞、厦門、大連などの多岐にわたるエリアで開発、設計、イノベーションセンターを設置しています。

 

参加方法

本イベントはZoom(無料アプリ)にて開催いたします。参加用ログインURLは、当日開始前までに申込時のメールアドレス宛てにお送りします。開始20分前よりログイン可能です。セットアップの所要時間は2分ほどです。

 

<参加に必要なもの>

  • パソコン、スマートフォンまたはタブレットと、インターネット環境

 

申し込みサイト

https://jma-garage.com/top-taidan/

 

お問合せ

ingdanjapan@infodeliver.com