サービスの配達 万事屋の配達お兄さん

食品のデリバリーサービスは、人々の食事生活に大きな便利をもたらしてきました。中国の食品デリバリー市場において、「美団」という会社は市場シェアの60%も占めております。基本となる食品のデリバリーサービスはもとより、多種多様なニーズに応えるため、新規配達サービスも展開されました。それは「代购(購入代行)」と「跑腿(お使い)」ということです。

 

「代购(購入代行)」:カスタマイズな購入ニーズを満足

「購入場所を指定する」と「購入場所を指定しない」という二つの選択があります。お客様はAPPを利用し、購入したい商品を記入します。その注文を受けたデリバリーのお兄さんは即時に商品の購入とデリバリーを済まらせることがサービスの特徴となります。おかず、フルーツ、コーヒーなど食品のデリバリーサービスに加え、充電器、タバコ、服装など、実店舗で販売しているモノであれば、なんでも注文可能です。配達料金について、基本料金は13元で、距離料金は+2元(1km毎)となり、重さによって+6/10元の状況となります。例えば、体調の悪い時に、「薬を買いたい」と入力したら、近くの薬局リストが順番に並べて出て、薬を注文してからおよそ30分ほどでお宅まで届けます。また、母の日に、実家にいるお母さんへ花を贈りたい場合は、美団APPで「花を買いたい」さえ注文すれば、残りは万能な兄さんに任せればいいです。2020年、母の日に、美団デリバリーサービスの利用件数は117万に達し、昨年比で95%増と明らかになっています。「購入代行」サービスは多様な形で顧客のニーズに応えてきています。

「代购(購入代行)」の利用方法イメージ

「代购(購入代行)」の利用方法イメージ

「跑腿(お使い)」:1時間以内に配送可能、生活や仕事の緊急事態を解決

差出元と宛先、荷物の情報を入力することから注文します。その後、近くにいる配達員は注文を受け、最短時間でお宅まで荷物を受け取って配送します。同市での配送は平均およそ1時間かかります。配達料金について、まず基本利用料は9元で、距離によって1/2元(1km毎)となり、重さによって+6/10元の状況もあります。同サービスは、鍵、証明書類などを忘れがちな方にとって、救いの手みたいな存在ではないか。例えば、新卒の王さんはようやく希望の会社から面接に誘われ、わくわくして会社に着いたら、履歴書を持ってくるのは忘れてしまいました。「どうしよう……」と考える余裕のないこの際、王さんはプラットフォームで「おつかい」機能を利用し、家にいる家族に事情を説明し、履歴書を配達のお兄さんに渡してもらえば、その履歴書がすぐ手元まで届くことは可能です。

この数年来、デリバリーサービス業者数が増えるだけではなく、デリバリーサービスの内容も多種多様化へと進化しつつあります。現在、デリバリーサービス業は既に物流業界で伸び率の一番高い分野となり、これから5年先は依然として30%以上の伸び率を保つと見込みです。「美団」を代表とする大手プラットフォーマは安定なバックグラウンドを持ちながら、安全、快適且つプライバシー保護を前提にし、顧客ニーズに焦点を合わせ、ビッグデータやインテリジェントディスパッチなどデジタル技術を駆使してO2Oサービスを実現できました。それによって、より多くの顧客を獲得し、経営効率を向上させていくと考えられております。