【日中経営トップ対談】Withコロナ時代に加速するスマートシティへの移行

【日中経営トップ対談】

コニカミノルタ松﨑 正年氏 × 元Huawei徐 国宇氏

Withコロナ時代に加速するスマートシティへの移行

~中国のスマートシティ事情~

 

中国では新型コロナウイルス対応を機に都市のAI・ロボット化・スマートシティ化が急速に促進されている。デジタル技術を生かした新たな都市づくりを日本政府も進める中、企業の持続的成長にむけて改革に挑んでこられたコニカミノルタ取締役会議長 松﨑 正年 氏と中国で深圳、蘇州、蘭州など10都市以上のスマートシティプロジェクトを手がけてこられたIngDanJapan 徐 国宇 氏(元Huawei)に話をお聞きする。

OUTLINE

日時  2020年7月9日(木)11:00~12:30

 

方法  オンライン(Zoom)にて講演動画を配信いたします。

 

対象  中国・スマートシティ最新情報を知りたい方

中国・スマートシティの日本への影響について知りたい方

スマートシティビジネスに関心のある方

 

費用  無料

 

※動画視聴方法は、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。

 

SCHEDULE

11:00-12:30    【対談内容】

中国スマートシティ事情

日本の企業はどうしたら中国のスマートシティへ参入することができるのか

中国のスマートシティに参加することで、日本の企業は何を学び得ることができるのか

【Q&A】

参加者から寄せられた質問に回答いたします。

登壇者PROFILE

 

松﨑 正年

コニカミノルタ 取締役会議長

 

【略 歴】

1976年小西六写真工業株式会社(のちのコニカ株式会社)に入社。コーポレート研究開発部門、技術企画部門を経て、主に情報機器(プリンター、デジタル複合機)の製品開発、商品企画に携わる。

コニカとミノルタの経営統合以降は、情報機器事業の制御開発本部長を経て、2005年執行役、2006年取締役兼務常務執行役として技術戦略担当を歴任後、2009年に代表執行役社長に就任。2014年より取締役会議長に就任し、現在に至る。

 

社外では、東証一部上場企業の社外取締役、大手監査法人の監督委員、一般社団法人 日本取締役協会理事・副会長などを務める。 著書に「傍流⾰命:小が大と戦うビジネスアスリート経営」(2015年 東洋経済新報社)。

企業経営、技術経営、リーダーシップ、コーポレートガバナンスに関する外部講演多数。

 

徐 国宇

IngDanJapan 高級顧問

 

【略 歴】

2000年にHUAWEIに入社し、企業BG業界Marketingとソリューション部副総裁、OpenLab 創始者などを歴任し、スマートシティ、スマートキャンパス、スマート交通向けのDXの構造作り・標準作り及びその展開を担当し、深セン、蘇州、蘭州など10都市強のスマートシティプロジェクトを手がけていた。2020年より株式会社IngDanJapan高級顧問に就任し、現在に至る。

 

参加方法

本イベントはZoom(無料アプリ)にて開催いたします。参加用ログインURLは、当日開始前までに申込時のメールアドレス宛てにお送りします。開始20分前よりログイン可能です。セットアップの所要時間は2分ほどです。

<参加に必要なもの>

パソコン、スマートフォンまたはタブレットと、インターネット環境

申し込みはコチラ

https://peatix.com/event/1534319

 

お問合せ

ingdanjapan@infodeliver.com